【祝・世界遺産登録】潜伏キリシタンの足跡を訪ねて。長崎の島を巡る旅レポ

フランシスコ・ザビエルが日本でのキリスト教布教を始めて469年となる2018年6月、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されました。

島伝いに移住した潜伏キリシタンの足跡を訪ね、長崎の島を巡りました。旅のレポートがwebマガジン『離島経済新聞』にて公開されています。